慢性的に人員が不足している職場では思い通りに休めないことも

仕事探しの際には給料や業務内容ばかりでなく、休日の条件についてもしっかりと確認することが大切です。たとえば、低賃金やハードワークなどの理由で慢性的に人員が不足している職場においては、一年を通じて思い通りに休めないこともあります。また、小売業や運送業、製造業など業種によっては繁忙期に連日の出勤を命じられたり、休日返上で責任のある業務を任されたりするケースも少なくありません。そうした中、休日の日数にこだわって職場選びをするにあたっては、年間休日の数が多いところや、有給休暇の消化率が高いところを就職先の候補に入れることがおすすめです。また、部長や課長など管理職候補とした入社をする場合は、一般の社員と休日の条件が大きく異なることもあり注意が必要です。

大手企業や深夜営業の無いサービス業は比較的休みを取りやすい

大手企業や深夜営業の無いサービス業については、比較的休みを取りやすくプライベートの時間をきちんと確保したい人にとって、理想的な職場として捉えられています。最近では、ワークライフバランスの考え方を社内に浸透させるため、全てのスタッフを対象にノー残業デーを実施したり、子育て中のスタッフの長期休暇を延長したりする企業の数も増えています。企業によっては様々な働き方を希望するスタッフを歓迎するため、自由に出勤日や労働時間を選択できるシステムを採用するところもあります。そうした中、休日の取りやすさにこだわって仕事探しを進めるうえで、転職支援サイトや転職エージェントなどを上手く活用したり、求職者向けの就職相談会などに参加をしたりするのも良いでしょう。

工場の募集は人手不足なところが多いので求人サイトに数多くあります。求人サイトであれば条件などの比較もしやすいです。