人事担当者や現場のスタッフと相談できる就職フェアに参加しよう

仕事を探す時にどんな人が働いている会社かしっかり確認しておきたい時には、人事担当者や現場のスタッフと直接相談ができる就職フェアへの参加を検討するのがおすすめです。たとえば、優良企業が多く集まる就職フェアにおいては、労働条件や就職後の働き方だけでなく、職場内での人間関係やコミュニケーションの取り方についてまで分かりやすく教えてもらうことも可能です。また、初めての職種にチャレンジをする場合には、採用後に新人の指導してくれるスタッフがいるかどうかも調べておくことが大切です。なお、就職フェアでは、動画を使って実際の社内の様子について紹介をしている企業もあるため、時間の許す限り積極的に会場内をまわってみましょう。

可能であれば職場見学の申込をしよう

求人票をチェックしたり就職フェアに参加をしたりしても十分に職場の雰囲気が分からないときには、志望企業に職場見学を申し込むといった方法もあります。たとえば、医療やIT、メーカーなど売り手市場の状況にある企業の中には、優秀な人材を迎え入れるために、年間を通して求職者の職場見学を受け入れているところが少なくありません。そこで、就職活動中に職場見学の申込が可能な日時や担当者との打ち合わせの仕方について、余裕を持って把握をしておくことがおすすめです。その他、企業によっては就職活動を控えた大学生や専門学生を対象に、職場体験やインターンシップなどの対応をしているところもあるため、気になる企業の取り組みをチェックしてみるのも良いでしょう。

工場の転職ではどのような作業をするのか必ず面接のときに聞くようにしましょう。けがをしやすい場所は避けたほうがいいかもしれません。